どろんこぶーぶー活動報告

例会『ふたりはともだち』はガマ君とカエル君の日常にほっこり笑顔になりましたね??
どろんこぶーぶー活動報告です♪

日本経済大学(旧第一経済大学)のイングリッシュガーデンでお散歩しました。
美しい英国式庭園に広がる花々に住人の白鳥がお出迎え♪優雅なひと時を過ごし
ました。
画像
画像
画像
画像

「ふたりはともだち」の事前が開催されました

いよいよ開催が迫りました、乳幼児部・低学年部合同例会 人形劇団ひとみ座の「ふたりはともだち」。
公演を盛り上げようと、たくさんの事前が開催されました。


         ★いろんなところで「ケロちゃんづくり」
          各サークルやブロックで「ケロちゃんづくり」をしていま~す。

画像

            「ふたりはともだち」のよみきかせをしました
画像


        ★『優しい気持ちを絵手紙にのせて』(絵手紙体験教室)
          絵手紙体験教室を行いました。参加者のみなさん、今日が
          初めての方ばかり!
          初めてとは思えないステキな絵手紙が出来上がりました。
          「ふたりはともだち」のガマくんとカエルくん みたいに、
          お手紙をもらうとうれしいですよね!

画像


 
         ★『太宰府西ブロック、かえるのクッキーづくり』
          5月16日、お誘い会で、クッキー作りをしました。
          会員外の方が2世帯参加してくださいました。みんな楽しん
          でクッキーを作り、食べました

画像

5月定例鑑賞会「ふたりはともだち」の事前ワークショップが開催されました

4/4(土)に人形劇団ひとみ座の篠崎亜紀さんをお招きして「ケロちゃん人形」のワークショッブを行いました。
画像



ウレタンで簡単に作ることが出来る人形で、みんな夢中になって作りました。おしゃれなカエルや可愛いカエルたちがたくさん登場して楽しいワークショッブでした🌱

画像


5月20日の鑑賞会当日が楽しみです🌷

乳幼児部も「ケロちゃん」を作りましたよ⤴😄子どもたちは、ビョンビョン伸びるカエルの足に大喜びでした❤おうちでもたくさん遊べるね🌷
画像

3月定例鑑賞会「空の村号」が開催されます

あれから4年がたちました。今なお苦悩の中にいる人たちがたくさんいます。犠牲になった方々のご冥福を祈るとともに、今一度、被災地の現実を知り、これから自分たちにできる事は何なのかを考えていければと思います。

画像画像




劇団仲間による「空の村号」は、福島の美しい村に暮らす小学5年生の空くんとその家族の物語です。
震災後、家族と村の人々の生活は一変していきました。空くんは、ドキュメンタリーの映画監督との出会いをきっかけに、福島の現実と向き合っています。どんな時でも、何とか生活を明るくしていこうとする子ども達のエネルギーが溢れ、自分の目で観たり感じたり、私だったら?と考えたりすることで、小さい気付きがいっぱいたまって自分を創っていく、そんな舞台です。

日時:3月22日(日) 18時30分開演
場所:プラム・カルコア太宰府 多目的ホール
(上演時間1時間20分)

「浅野祥 三味線ライブ」事前ワークショップが開催されました

2月1日(日)、春日ふれあい文化センターにて、『浅野祥さんと三味線との出会い』と題しての三味線ワークショップが開催されました。

画像


若干24歳という浅野さん。会場に入ってこられた時の印象は、やさしい近所のお兄さんという感じでしたが、いざ三味線を鳴らし始めると、その迫力の音色に皆圧倒されてしまいました。
その後、三味線の歴史や構造や素材についてのお話等バラエティに富んだお話を、民謡から映画音楽、妖怪ウォッチまでと幅広いジャンルの演奏を交えて、たっぷりと聞かせていただきました。
民謡のお話では、全国の民謡のルーツといわれる熊本の「牛深ハイヤ節」の演奏に続き、そこから派生した「安来節」「佐渡おけさ」「ソーラン節」を聴かせていただき、人伝いに唄が日本中に繋がっていった歴史を教えていただきました。

画像


三味線ワークショップのコーナーでは、演奏にチャレンジ!実際に三味線を持ってみると、その重さにまずびっくりしました。撥を持って音を出してみると、思った以上に大きな音がお腹に響いてまたびっくり。糸の押さえ方を教えてもらって「さくらさくら」や「会いたかった」の演奏に挑戦してみました。

最後は、やっぱり津軽じょんがら節。圧巻の演奏に会場全体が魅了されました。5月のライブも今から楽しみです。

3月定例鑑賞会「空の村号」の事前が開催されました

画像


1/11に、3月定例鑑賞会「空の村号」の事前として長谷川健一さんのお話を聞きました。
大人対象に1回、中学生、高校生、青年を対象に1回の計2回を取り組みました。長谷川さんは福島県飯館村で酪農家として生活をしてありましたが、2011年3月の原発事故で避難を強いられて、今も仮設住宅に住んでいらっしゃいます。「今以上の幸せを望むのか?それとも今のふるさとを子どもたちに残そうと思うのか?よく考えて欲しい」真実をしっかりと捉えること、そして自分に何ができるのか・・・考えさせられました。

映画「じんじん」が上映されます!!

画像


太宰府子ども劇場も協力団体として応援している、映画「じんじん」がいよいよ上映されます。

映画「じんじん」は、俳優大地康雄さんが絵本の里として知られる北海道上川郡剣淵町を訪れたことから始まりました。「絵本を真ん中に置きながら、人の優しさと親子の絆をテーマにした映画を届けたい」という大地さんの思いが実を結びました。
ぜひ、親子一緒に鑑賞したい、心温まる作品です。

 映画「じんじん」公式ホームページ http://www.jinjin-movie.com/ 

日時:1月18日(日) 10時~12時10分 ・ 15時~17時10分 
場所:プラムカルコア太宰府 (太宰府中央公民館) 市民ホール
料金:前売り 一般 1000円(当日1500円) 小中学生(一律)800円

    
映画の収益金は太宰府市民図書館への絵本寄贈に充てられます。

人形劇団ひとみ座「ズッコケ時間漂流記」

世代を超えて子どもたちに愛されてきたズッコケ3人組シリーズから、人形劇が生まれました。おなじみハチベエ、ハカセ、モーちゃんが、江戸時代にタイムスリップします。エレキテルを発明した平賀源内と出会って、夢を語る大人に心動かされひと騒動が巻き起こります。


画像



西上さんの粋な演出が随所に現れ、見所満載。最初から最後まで目がはなせません。
「ハチベエ、ハカセ、モーちゃんの仲良し三人組がけんかしながらも力を合わせて乗り越える姿は、友情や優しさなど大切なものを思い出させてくれます。
江戸時代の天才発明家、平賀源内が困難にも負けず自分の信念を貫く姿は子どもですよたちに勇気を与えてくれます。」

お見逃しなく!!


日時:12月17日(水)18:30~

場所:春日ふれあい文化センター スプリングホール



日時:12月20日(土)18:30~

場所:筑紫野市文化会館 大ホール




(上演時間1時間30分)

すこやか母子未来ネットワーク第1回褒賞事業 優秀賞をいただきました

画像


一般社団法人すこやか母子未来ネットワーク第1回褒賞事業で、太宰府子ども劇場が『乳幼児パートナー講座』で優秀賞をいただきました。
11/22(土)に表彰式が行われて、運営委員長の山並さん、事務局長の小川と他2名(後村由美子さん、水上朋子さん)が出席して、賞状と目録(5万円)をいただきました。
これからの「乳幼児部パートナー講座」の活動に(ちくし朝倉と共に)有効に使っていきたいと思います。ありがとうございました。

ズッコケ時間漂流記事前座談会のお知らせ

人形劇団ひとみ座 脚本家 西上寛樹さんをお迎えしての、大人向け座談会を開催します。


画像


日時:11月12日(水)10:00~12:00
場所:いきいき情報センター 210
対象:低学年部高学年部(小学生)の親
参加費:300円

愛媛県宇和島市出身。おしゃべり好きな西上氏のこだわり話をききながら、作品の魅力を語っていただきます。
最近の子どもはおとなしく仲良しグループでも無理をしている現状があるようです。子どもが子どもらしくいられる社会とは?
西上さんを囲んでみんなで一緒に語りましょう!

問い合わせ 太宰府子ども劇場 092-924-7603

高学年部例会『One Thousand Cranes -千羽鶴-』の事前が開催されます!

佐々木雅弘さん講演会~禎子の千羽鶴~ 

「思いやりの心が平和につながる」
佐々木禎子さんの実兄でいらっしゃる佐々木雅弘さんをお迎えして





画像
日時:2014年9月13日(土)19:00~20:30

場所:那珂川町中央公民館 講堂

参加費:300円

主催:那珂川子ども劇場


広島平和記念公園にある「原爆の子の像」のモデルになった佐々木禎子さんの2歳上のお兄さん、雅弘さんが那珂川町にいらっしゃいます。
雅弘さんは禎子さんが残してくれた折り鶴を、国内のみならず世界中に届け、禎子さんの思いを伝える活動を続けていらっしゃいます。禎子さんを一番近くで見守っていた雅弘さんからの生の声をお聞きし、思いやりの心や、平和について考えましょう。
この講演会を聞いた後は、肩の力を抜いて、子どもの豊かな感性をおもしろがって、子育てを楽しみましょう。


お申込みは、太宰府子ども劇場事務所まで
   092-924-7603






事前を開催しました!

<<7月24日>>

高学年部例会「One Thousand Cranes -千羽鶴-」事前

画像
劇団文化座のバディ役の水原葵さんをお迎えして、広島とカナダの時空を越えた平和を願う思いや作品のこと聞きました。写真は小さいですが、とーても素敵な女優さんでした。千羽鶴に思いを願う込めて!!例会を迎えます(*^^*)


<<8月20日>>

低学年部例会「やだやだあっかんべー」事前
画像
画像
劇団風の子九州の作、演出のあさのあつこさんをお迎えして、うちわでオリジナル妖怪を作りました!!
子どもたちの発想は、面白い\(^-^)/
たのしい舞台のなかに、込められたメッセージが…鑑賞会当日をおたのしみに(^_^)v


<<9月6日>>

乳幼児部例会「ぴー・ひゃら・どん」事前
画像
民族歌舞団荒馬座の金沢さんをお迎えして、作品に込められた思いを聞きました。0~3歳の子どもたちが初めて出合う日本の民族文化を、北は北海道アイヌの踊りから、南は沖縄琉球まで!春夏秋冬を親子で楽しめます(*^O^*)鑑賞会当日が楽しみです(*^^*)

乳幼児部・低学年部・高学年部合同例会「笛師九兵衛おもちゃ箱コンサート」

画像画像

日時:7月20日(日) ①11:00~  ②19:00~ (15分前開場)
場所:プラム・カルコア太宰府 多目的ホール

笛師九兵衛こと北原有さんが、自ら創作した楽器を使って、たった一人で演奏する舞台です。北原さんは元々フルート奏者で、あらゆる笛の音に魅せられ笛師九兵衛となります。愛する笛”Qホイッスル”やケーナの澄んだ音色には心癒されます。一方で、各種パーカッションを組み合わせたチンドンセットやおもちゃのお猿12匹に色々な打楽器を持たせて共演する「サルバンド」は、一人で演奏してるのがとても不思議。そしてどんぶりやチクワなどが楽器に変身する発想の面白さは、出会ってみないとわかりません。観終わったらきっと実際に楽器を作ってみたくなるはず。


☆  ☆  ☆  

公演後、ワークショップを開催します!


フィルムケースに穴を空けて、ストローをガムテープで付けるだけ。
吹き方を練習すると、1オクターブの音を出すことができます。

最後は全員で練習、曲を吹きます。


参加費:無料
所要時間:20~30分

* ご自宅にフィルムケースをお持ちの方はご持参ください。

5月低学年部例会 人形劇団プーク「オズの魔法使い」

画像
世界中で読み継がれているファンタジー文学で有名なお話が人形劇に。不思議な旅にみんなで出発しよう!
画像

日時:5月18日(日)15:00~
場所:大野城まどかぴあ 大ホール

(上演時間1時間50分)






☆  ☆  ☆  

事前のワークショップを開催します!


人形劇団プークの滝本妃呂美さんをお迎えしての事前では、作品の紹介と親子で人形作りをします。

日時:4月4日(金)①10:00~12:00 ②14:00~16:00
場所:いきいき情報センター 206
参加費:一人 200円 託児無料
先着 親子で30名(各回)
対象:4才~小3までの子ども